化粧品イメージ

自然志向、健康意識が高い方がとても気にされている防腐剤の
「パラベン」「フェノキシエタノール」。

あなたも気になりますか?

「パラベン」や「フェノキシエタノール」はあなたが安全に
化粧品を使用するために雑菌を防いてくれる、とても重要な成分です。

問題は、発がん性があるとか皮膚への刺激があるなどと
言われていることですよね。

化粧品に含まれている濃度はごく微量で、人体に害が及ぶほどは
入っていません。

「パラベン」や「フェノキシエタノール」が入っていなくても
それに代わる防腐作用の物質は化粧品には必須です。

それが、何なのか、お肌や身体に本当に安全なのかしっかりと
確認しましょう。

天然だから安心ということではなく、逆に刺激が強かったり、
人体に害があることもあります。

私の調べた結果によると、様々な防腐対策の中では「パラベン」
や「フェノキシエタノール」は低濃度であれば、アレルギー反応が
出てしまう方を除いてはそれほど心配する必要はありません。

防腐剤の役目

お化粧品はお肌の栄養となるものがたっぷりと入っています。

効果的なものほど、尚更です。

それは、同時に微生物にとっても、大好物のご馳走なのです。

目には見えないけど、空気中や手にも、たくさんの微生物がいます。

無菌状態というのは通常はありえません。

そんな環境下で防腐剤を入れなければ、化粧品は1週間もすれば、
雑菌だらけになってしまいます。

雑菌だらけのお化粧品を使うことはお肌に良いわけがありません。

使い切りのタイプでない限り、防腐対策は安全を守るためには必要不可欠です。

パラベンとフェノキシエタノール

「パラベン」の正式名称は「パラオキシ安息香酸エステル」。

幅広い微生物の種類に対応でき、少量で高い抗菌力がある防腐剤です。

お化粧品に入っている濃度は約0.1~0.5%。

発がん性や肌刺激があると、恐がられていますが
化粧品に入っている濃度では、その心配はなさそうです。

まれに、アレルギー反応を示す方はいらっしゃいますので
その場合は、避けてください。

「フェノキシエタノール」は自然界の「玉露」などから
発見された抗菌作用のある成分です。

抗菌力のある成分が天然のものから発見されたので
天然由来と言われています。

実際は天然成分ではなく、合成で天然の物質を真似て
作っていることもあります。

「パラベン」に抵抗がある、自然派志向の層を
対象とした化粧品メーカーはこちらを使用している
ところが多いです。

ただ、こちらも、刺激が強いとか、人体に害があると
心配の声があがっています。

単独で使用すると、「パラベン」よりも
微生物の種類の対応範囲が狭く、防腐効果も低いので
高い濃度を必要とします。

風ら花が使用しているハーブ化粧品「バイオラブ」
のように、他の天然成分と合わせて、低濃度の使用で
安全性を確保しながら、高い抗菌力を出せるように
なっているものもありますので、低濃度であれば
過剰に心配する必要はなさそうです。

パラベン、フェノキシエタノール以外

上記でも記したように、化粧品は防腐対策が必要不可欠です。

「パラペン」や「フェノキシエタノール」の防腐剤が
使用されていなくても、少量の使い切りでない限り
防腐効果のあるものは必ず、入っています。

アルコールが大量に入っていることも。

大量アルコールはお肌のバリア機能を壊してしまいます。

この危険性の方が「パラベン」や「フェノキシエタノール」
のリスクよりも高くて怖いです。

それ以外にも、使用実績の歴史が短く、安全性が
不明確な防腐作用の物質も使用されているようです。

「パラベン」や「フェノキシエタノール」が入っていないから
安心と思っていても、それ以上に刺激があるものが
入っている可能性があるということです。

天然エキス

天然エキス・ローズマリー

天然の植物「ローズマリーエキス」を防腐作用として
使っている場合はどうでしょうか?

名前だけ聞くと、よさそうですよね。

私も自然志向ですから、何も知らなかったら
こちらを選びます。

しかし、化粧品を腐敗から防ぐためには、かなりの高濃度を
使用しないといけません。

それは、敏感肌の方には刺激が強過ぎます。

お肌をきれいにする目的の化粧品が殺菌が目的の
商品になってしまいます。

天然だから、刺激が少なくて安心というわけでは決してありません。

自然界には、毒性のあるものもたくさん存在しています。

アロマテラピーの講座でも精油ブレンドしたものは
2週間くらいで使い切るようにお願いしていますので。

まとめ

化粧品に使用されている「パラベン」「フェノキシエタノール」
は必要なもの。

「パラベン」「フェノキシエタノール」は使用歴史が長く、
実績があります。

他のどんなトラブルが出るか未知な物質よりは、はるかに
安全と私は考えています。

だから、もし、あなたが、「パラベン」や
「フェノキシエタノール」にアレルギー反応が出ないのであれば
それほど、過度に心配することありません。

化粧品を選ぶ際に大切なのは、化粧品の美容効果と
商品の品質管理のバランス。

それから、商品を製造する会社が、どれだけ、お客様の
ことを考えて、真摯に商品づくりと向き合っているか
理念と知識と技術力と熱意。

1つのことだけにフォーカスして、過剰に心配し過ぎた
結果、全然、美しくなれなかったり、健康になっていないと
いうことはありませんか?

どうか、偏った、自然・健康志向マーケティングの罠に
はまらずに、正しい情報を得てください。

信頼できる化粧品会社はお客様のお肌をきれいにするため
と品質の安全性の管理をしっかりと考えています。

その上でそれでも、化粧品メーカーのものは信頼できない。

自分で作った物が安心という場合はアロマテラピーで
少量ずつ、作る方法もあります。

アロマのワンディレッスン、随時開催しております。

しっかりと学びたい方はアロマアドバイザー講座がお勧めです。

フェイシャルトリートメントを受けてみたい方も大歓迎です。

また、新たな情報は入りましたら、その都度、加筆修正いたします。