横浜市青葉区のあざみ野・たまプラーザの
メディカルアロマスクールヒーリング・エステサロン
風ら花の石坂桂子です。

アロマスクールイメージ

アロマテラピーを勉強したいと思った時に
ネット検索をするとたくさんの協会や学校があり、
迷われてしまうのではないでしょうか?

そこで、

私がなぜ、数あるアロマ協会の中から
NARD(ナード)アロマテラピー協会を選んだのか
受講してくださった生徒さんには機会があれば
お話をしているのですが、みなさまにも
ご紹介したいと思います。

参考になれば幸いです。

NARDアロマテラピー協会を選んだわけ

プラナロム精油

私が数あるアロマテラピー協会の中から
NARD(ナード)アロマテラピー協会を選んだのは
NARD協会の指定精油「プラナロム精油」が
かなり質が良い精油であることを直感して
喉の不調に使用し、改善したのがきっかけでした。

お薬を極力使わずに、精油を身体の不調に
使うにはどう使ったらよいのか。

どんな症状にはどんな成分がある
どの精油を使ったらよいのか。

なぜ、この精油はこの症状によいのか。

なんとな~く、この精油は何に良いよ~
ではなく

1つ、1つの精油の成分と薬理作用を
シッカリと把握して、自分で色んな不調に
ブレンドできるようになりたかったから。

それを叶えてくれるのがプラナロム精油を
指定精油としているNARD協会だったからです。

ナードで学びたいと思った運命的な流れ

ナードアロマテラピー協会

私がプラナロム精油に出逢った流れ
そして、NARD協会で学ぶ流れになった
以下のいきさつに共感頂けましたら
もしかしたら、あなたにはNARD協会の
アロマテラピーが向いているかもしれませんね。

私の母は薬剤師だったため、私は幼少の頃から
自己治癒力や自然療法ではなく
病気になると、お薬に頼る習慣が身についていました。

特に私は風邪もひきやすい子供だったので
風邪のひき初めにはすぐに風邪薬。

病院に行って、抗生物質を処方してもらう。

これが当たり前になっていました。

そんなことを20代まで続けているうちに
どんどん免疫が下がり、ますます風邪を
引きやすい人間になっていきました。

1~2ケ月に1回くらいは風邪をひいていたかもしれません。

そして、私の特性として五感の中では
特に触覚である身体感覚が
嗅覚と共に人一倍、敏感で、お薬の副作用も
ものすごく不快に感じていました。

風邪の不快症状はおさまるものの
身体全体の生命力が低下するような
重だるい、何とも言えない不快感。

しかし、のどの痛みもお薬の副作用と同じくらい
私にとっては不快でした。

その頃、住宅メーカーで
インテリアコーディネーターのお仕事をしていたため
お客様との打ち合わせの日は、絶対に体調不良に
なるわけにはいかないと思っていましたし
丸1日、ずっとしゃべりっぱなしの
とても責任のあるお仕事でした。

そんなわけで、なんとしてでも、
風邪予防したかったのです。

他に手段を知らなかったため
イ〇ジ〇のうがい薬で毎日、うがいをしていました。

20代後半には風邪でもないのに
温度差や空気中のほこりなどの普通なら
なんでもない刺激に私の喉は反応し
咳き込みが起こるようになってしまいました。

時には吐いてしまうことも。

これがまた、周りには気を遣わせてしまうし
とても苦しかったです。

病院で検査を受けると、うがい薬の影響で
常在菌を殺しすぎてしまい、過敏症が
起きているから、日本茶でうがいを
するようにと勧められました。

そんな折、NARDアロマテラピー協会の
指定精油メーカーのプラナロム精油
「ティートゥリー」と「ユーカリ・ラディアタ」
「ラヴィンツァラ」と運命の出逢いがあったのです。

20年くらい前のことです。

ちょうど、その頃、日本でアロマテラピーが
流行りだし、アロマテラピーという言葉が
だいぶ浸透していた頃でした。

周りの友人がアロマテラピーの学校に
通い、楽しそうに学んでいるのを
知ってはいましたが
なんとなく、香りがするオシャレな流行りもの
程度の認識だったのであまりピンときていませんでした。

どちらかというと私は専門的な、
マニアックな、実践的な、本物思考的な
結果が目に見えて、実感できるものに
惹かれる傾向がありましたので。

ところが、プラナロム精油の香りを嗅いだ時
あれ?他の精油とは何か違う!
なんだか、これはよさそう!と直感しました。

まず、「ティートゥリー」を希釈して、
うがいに使ってみました。

そして、「ユーカリ・ラディアタ」と「ラヴィンツァラ」を
植物油で希釈して喉にぬりました。

あの瞬間の覚醒したような
気持ちのよさの感覚は今でも
忘れません。

それまで、お薬を使っていた時の不快感とは
雲泥の差で、爽快な気分で、とにかく、心地が良い。

1か月くらい症状が出た時だけ使っていると
苦しい、喉のイガイガした、かゆみがおさまり、
発作のような症状も出なくなっていきました。

そこで、私は他の身体の不調にも
精油を色々と試してみたくなったのです。

それには、精油の成分を学べて
不調の処方例のデータが豊富なNARD協会が
よかったのです。

その頃の私は重度の肩こり、腰痛
腹痛、お腹の膨満感などなど、色々と不調を
抱えていました。

これが、私のアロマテラピーの原点です。

NARDでのレッスンは毎回、とっても楽しくて
精油辞典の処方をむさぼるように目を通し
自分の不調に色んな処方を試していきました。

結果として、今では薬箱からお薬が消えて
精油箱がそれに代わりました。

20年経った今では精油の素晴らしさは
目に見える薬理作用だけではなく
目には見えない、香り的効果、
エネルギー的効果(スピリチュアル)
があることも、大切にしています。

ですが、その基盤にはいつでも精油の薬理作用の
基礎知識がシッカリあるからこそ
精油を安全に使え、そして、みなさまに分かりやすく
納得のいく形で説明ができるのだと思っています。

NARD協会のアロマテラピーを学んだことは
私の一生の宝だと思っています。

アロマテラピーを学んだことが
私の人生にたくさんの安心感と豊かさを
もたらしてくれました。

メディカルアロマが私の人生を変えたと言っても
過言ではありません。

精油のエピソードは他にもたくさんあります。

もし、ご興味がございましたら
説明会にいらしてくださいませ。
楽しいお話をたくさん致しましょう。

ご質問なんでもしてください。

leaficon無料説明会を随時、行っております。

無料説明会お申し込み

leaficon不明な点もお気軽にお問い合わせくださいませ。

問い合わせ画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム

アロマ資格取得講座

風ら花オリジナルアロマ講座

リフレクソロジー講座

トリートメント

プロフィール