横浜・あざみ野・たまプラーザ・アロマスクール風ら花の
石坂桂子です。

メディカルアロマテラピと新薬のイメージ画像

あなたは、代替療法と聞いてどんなイメージを持たれますか?

(代替療法とは現代西洋医学以外の療法のことです。)

身体に負担のない療法とか、何かよさそうというイメージですか?

それとも、有名な方が西洋医学ではなく、代替療法を選択したために
命に影響がでてしまったという記事を目にされて
ちょっと、胡散臭いとか、あまり効果的ではないと
あまり、よいイメージをもたれていませんか?

アロマテラピーも代替療法の1つなので、その自然療法の
アロマテラピーをスクールでお伝えしている講師として
また、母が薬剤師だったので、幼少期、西洋医学や新薬の
お世話になった者として公平な意見をお伝えしたいと思います。

西洋医学、代替療法はそれぞれ、得意分野があります。

そして、その方の状況、状態によって、また、体質などに
よっても、どの療法が適しているかというのは違ってくると
私は考えています。

西洋医学、植物療法の歴史

歴史的に18世紀の化学技術が進歩する前は
植物の薬草が医療の中で使われていました。

19世紀になって、薬草から成分を単独で分離して
お薬として使用することができるよになりました。

その後、薬草から単離した成分と同じ効果のある成分を
合成できるようになって、新薬が作られました。

新薬は即効性があり、それまで、救えなかった命が
救えるようになりました。

そこで、即効性があり、命が救える西洋医学が
医学の主流となり、植物療法は医学の主流ではなくなりました。

ですが、近年、西洋医学、新薬の歴史も長くなり、効果がある一方で
薬の長所、短所のデータが増えてきて、副作用や免疫などの健康へ
の悪影響なども分かってきました。

使い方を誤ったり、乱用すると副作用や
弊害が起こる可能性もあります。

体質的な違いもあり、副作用の出方も個人差があるので
副作用が出やすい方はできるだけ、西洋医学や新薬を
使いたくないという方がでてきました。

そこで、代替療法の植物療法であるアロマテラピーが
見直されるようになってきています。

私のアロマスクールに学びにいらしている方のほとんどが
そのような理由からです。

私もできるだけ、お薬を使いたくない。
風邪を予防したい。
頭痛や肩こりなど、日常の不調をお薬ではなく、アロマテラピーで
なんとかしたいといった理由でメディカルアロマを学んだのが
きっかけです。

アロマテラピーは使い方を誤ると
危険性もありますが、安全に使い方をしっかり守っていれば
副作用はほとんどなく、免役を下げたり、自分の細胞を攻撃
してしまったりすることはありません。

ですが、アロマテラピーや他の代替療法で全ての症状を
改善できるわけではありません。

今までの歴史を振り返ってみると、植物療法で足りない部分が
あったから、西洋医学の新薬へ、そして、また今、植物療法が
見直されているという流れになっています。

西洋医学とアロマテラピーの付き合い方

代替療法で命を救えなかったから、西洋医学、新薬がよい。

というのでは、せっかく、歴史を通して、学んだことが
活かされていないような気がしてしまうのです。
極端な選択過ぎるような気がしてしまうのです。

どちらが、優れていて、どちらが劣っている
という考えではなく、また、どちらかは要らないと
排除するものでもなく、どちらにも素晴らしい点があって
そして、補えない部分もあります。

ですから、それぞれの良い点を補い合って、共存できるものなのです。

急を要すること、命にかかわること
即効性が求められる場合は西洋医学のお世話になる必要があり

そして、できるだけ、病気にならないように
健康を維持するためのものとして、代替療法のアロマテラピーは
大変、有効です。

例えば、免疫を上げたりバランスを整えたり、
病気の予防や疾患の補助的な役割、メンタルケアなど。

また、ちょっとしたケガや家庭用の救急箱に入っている
お薬の代わりになるような使い方はたくさんあります。

しっかりと、西洋医学、代替療法としてのアロマテラピー
また、それ以外の代替療法の長所、短所をしっかりと
理解して、その都度、できるだけ身体に負担をかけないように
上手に活用して、頂けたらと思います。

あなたなりの選択

一人でも多くの方が、ご自身の身体をどう管理するか
健康とどう向き合うかを考えるきっかけとなれば、嬉しく思います。

あなたなりの意見をしっかりと持っておくことで
いざという時に医師と相談して、あなたやあなたの大切な方が
選択を迫られたとき、ベストな選択ができればよいなと
心から、願っております。

ぜひ、あなたの身体の健康は、他の誰でもないあなたが
しっかりと管理して頂けますように。^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム

アロマ資格取得講座

風ら花オリジナルアロマ講座

リフレクソロジー講座

トリートメント

プロフィール