横浜市青葉区のあざみ野・たまプラーザの
メディカルアロマスクール
ヒーリング・エステサロン風ら花の石坂桂子です。

頭痛、できるだけ鎮痛剤を飲みたくない

先日、いらしてくださったお客様が会話の中で

最近、頭痛で鎮痛剤を飲んでしまうことが増えた。

でも、ほんとは、あまり飲みたくない!

とのことでしたので、私が普段、頭痛緩和のために
行っている方法をご紹介させて頂きました。

その1か月後、

「お薬を飲まずにすんでます!」

お喜びのメッセージを頂きましたので
もし、あなたにも、お役にたてる情報でしたらと
ご紹介ささせて頂きます。

頭痛

頭痛の原因

今回、ご紹介する方法は

「緊張性の頭痛」へのアプローチ

つまり、緊張が原因で肩や首、頭部の筋肉が
硬くなり、血液の循環が悪くなることによって
起こる頭痛の場合への対処法です。

頭痛の原因は様々なので対処方法は異なります。

原因が違うと逆効果にもなる可能性が
ありますので、あなたの頭痛の原因が何なのか。
どんな時に痛くなるのか。

観察してみる必要があります。

必要な場合は医療機関で診断してもらってくださいね。

緊張性の頭痛への精油のアプローチ

頭痛のメディカルアロマ処方

今回、ご紹介した精油処方は

・ラベンダー・アングスティフォリア 4滴

・ペパーミント 2滴

・植物油 10ml

ラベンダー・アングスティフォリア
緊張を緩め、リラックスのために

ペパーミントは痛みを緩和。

1回の使用量は数滴を首や肩やこめかみなどに
塗布します。

<注意点>

・目に入らないように気を付けてくださいね。

・ペパーミントは神経毒性があるので、乳幼児
妊娠中や授乳中、てんかん、神経系が弱い方は使えません。

その他、お勧めな精油

 

・レモングラス

抗炎症、鎮痛

・バジル

鎮痙攣、抗炎症、鎮痛

・オレンジ・スィート

鬱滞除去

精油以外のアプローチ

精油以外の方法でお勧めさせて頂いたのは

・温めること!

 

特に目の周りや首の周りを温めると
とても楽になります。

タオルに水を含ませ、ラップをして電子レンジで
1分~2分チン!します。

適温になったら、首の後ろや目の上にのせて
横になります。

※やけどに注意してくださいね。

・ゆっくりと深呼吸をすること!

深呼吸をしている女性

10分くらい、意識して、ゆっくりと呼吸を
してみてください。
とってもリラックスできます。

お金がかからず、心にも身体にも良い方法。
しかも、効果的♪

ぜひ、やってみてくださいね。

注意してほしいこと

頭痛薬を安易に飲まずに、自然な方法で
対処できるのであれば、ベストです。

でも、頭痛の度合いがあまりにひどく、日常生活も
ままならない場合は、我慢し過ぎるのも
逆に心理的悪影響があり、健康上よくないことも
あります。

今回、ご紹介した方法を試してみても
全く、軽減されない場合は、我慢し過ぎず

新薬のお世話になることも時には必要かな
というのが私の経験上の考えです。

また、ただの頭痛だと思っていたら、重大な疾病が
原因だったということもありますので

医療機関で検査をして正確な状態を
把握した上で、アロマテラピーなどの代替療法を
取り入れて頂ければと思います。

安易に副作用のあるお薬を頻繁に飲むのは
どうかなと思いますが、極端に西洋医学、新薬を
毛嫌いして、辛い状態を我慢し続けるのは
私はお勧めできません。

どうぞ、バランスをとりながら、ご自身が一番
楽で心地よい方法を選択して頂けたらと思います。

❖メディカルアロマを日常で使いこなす方法は
NARD協会アロマアドバイザー資格取得コース
全13回でお伝えしております。

無料説明会は随時開催しております。
ご希望はご予約下さいませ。

無料説明会お申し込み

❖資格やテストは不要で最低限のメディカルアロマの
使いかた講座は風ら花オリジナル
簡単メディカル講座

❖成分的な専門的なことよりも
テーマに合わせた精油を使いたい場合は
ワンディ講座

どの既成の講座でもなく、1回で目的に合わせて
知りたいことを学ぶ完全オーダーメイド講座も
させていただいておりますのでお問い合わせくださいませ。

問い合わせ画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム

アロマ資格取得講座

風ら花オリジナルアロマ講座

リフレクソロジー講座

トリートメント

プロフィール