横浜・あざみ野・たまプラーザ・ナード・アロマテラピースクール
風ら花の石坂桂子です。

2017年ナードアロマテラピーセミナーの2日目のご報告です。

1日目のご報告は前回の記事でご紹介しております。

2017年ナードアロマテラピー協会セミナー2日目

2017年 2日目のテーマ

2日目のテーマは

「理想的な効力と有効成分を持つ精油によるあらゆる皮膚疾患への対処法。」

でした。

トラブルのない、美しいお肌でいられると、それだけで
幸せな気持ちでいられると感じるのは私だけでしょうか?

私は10代から30代前半にかけて、ずっと、ニキビや肌トラブルに
悩んできました。

お肌の抵抗力も弱かったので、蚊に刺されると
いつまでも、かゆみがひかず、跡になったり
掻き過ぎて、グチュグチュになって、ステロイドを
使わないと治らないこともありました。

ですから、肌トラブルで自信が持てなかったり
シュンしてしまう方の気持ちがとても、よく分かります。

皮膚は内面の鏡

「皮膚は内面の鏡」と言われるように、皮膚は体調や感情の
状態を表しています。

ボドゥー博士も「皮膚はあなたの身体であり、感情であり
精神です。全ての心配事、試練、プラスあるいはマイナスの感情は
あなたの魂や意識に忠実な鏡のごとく、また、影のごとく、あなたの
皮膚で読み取れるのです。」とおっしゃっていました。

苦手な上司の方が転勤になったというだけで
物凄く、お肌がきれいになられたお客様のお肌を
目の当たりにしたとき、ほんとに「皮膚は正直だ!」と
感心したこともあります。

ですから、美しいお肌を目指すには、外側からのケアだけではなく
内面からのケアも欠かせません。

肌トラブルの具体的対処法

私自身は肌トラブルの悩みにどう向き合ってきたかというと

自分に合ったお化粧品と出逢い、肌にあったスキンケアをし
栄養バランスのとれた食事を意識して、便秘の解消

無理をし過ぎない

また、物事の捉え方や考え方を工夫して、ストレスをためない

ヨガや太極拳、瞑想したりして、できるだけ自分を幸せな
気持ちにさせるように努めてきました。

おかげで、今では肌トラブルはかなり減りました。

その体験をもとに、お客様のケアも外からのケアだけではなく
心や身体の問題にも焦点をあてています。

フェイシャルトリートメントで使用する精油はどの精油が
そのお客様にとって最高の結果をもたらすかな?と
左脳(知識)と右脳(感覚)の両方からピン!ときたものを
そのつど数種類セレクトしてブレンドいます。

今回のセミナーで教えて頂いた処方は病名がつくような
疾患の処方が多かったのですが、その中でも、普段、
よく使用している「ローズマリー・カンファー」や
「ローズマリー・ベルベノン」「レモン」などの精油が
ピーリング効果があるという新たな発見がありました。

今後のブレンドの幅がより広がりそうです。^^

セミナーの処方のテーマ

今回もまた以下に2日目の処方のテーマを抜粋いたしますね。

「ニキビ」

「クマ」

「眼の下のたるみ」

「日焼け」

「膿瘍」

「酒さ」

「マメ(水泡)」

「火傷、最近の傷」

「皮膚カンジダ」

「膣カンジダ症」

「口腔カンジダ」

「水虫」

「爪白癬」

「帯状疱疹」

「フケ」

「痛んで、細く弱った毛髪」

「異常な抜け毛」

最後に

ボドゥ博士が、皮膚について、おっしゃられた中で
もう1つ、とても共感した言葉を皆様に最後にお送りいたします。

「皮膚を通した接触、感触は、関係が作られていく
過程の中で、最も大切な情報を提供します。」

ほんとにその通りだなと深く同感します。

握手をしたり、トリートメントなどで肌に触れたり
すると、色んなことを感じます。

温かい感じ、冷たい感じ、湿った感じ、乾いた感じ、かたい、柔らかい・・・・。

あたたかく、優しい心は皮膚を通して伝わります。

皮膚ってすごいですね❣

ですから、私自身もどんなに、どんなにシュンとすることが
あっても、気になることがあっても、お仕事モードで
お客様に触れるときは、プロ意識をもってニュートラルを
一番に心がけているのです。

トリートメントをお伝えする生徒さんにも、技術テクニックは
もちろんですが、施術をするときのスタンスも、とても、とても重視して
お伝えしているのです。